ビジネスマナー 検定もあります ビジネスマンのお勉強のためのブログ

ビジネスマンにとって、重要なステップアップにつながる課題を出来るだけ多岐に渡って、しかも一歩一歩考えていきたいと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > ビジネスマナー 検定もありますホーム > ビジネスマナー > ビジネスマナー 検定もあります

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ビジネスマナー 検定もあります

スポンサードリンク
やっと身についたビジネスマナーが、本当に役に立つかどうかはもちろん実践での見極めが第一でしょう。しかしあくまで、基本的、客観的なものさしで測りたいのならビジネスマナー検定というものもあります。自身のビジネスマナーについて自信をつけるためにもビジネスマナー検定に挑戦してみるのもいいかもしれません。なにごとも目標がはっきりするほうがやりがいも出てくるものです。スキルのステップアップにもつながります。

ビジネスマナー検定は、正式名称をビジネス実務マナー検定といいます。財団法人実務技能検定協会が主催している検定試験です。あくまで民間資格ではありますが、文部科学省が後援している資格試験ですので、これから就職活動を始める学生や新社会人の方にはおおいにスキルアップには役立つでしょう。
ビジネス実務マナー検定試験は年二回、6月末と11月末の日曜日に実施されています。受験資格に制限はありませんので、誰でも気軽に参加できます。受験料は三級が2,500円、二級は3,700円、一級は5,500円で、一級だけ筆記試験に合格すれば、後に面接試験があります。
第三十六回のビジネス実務マナー検定の合格率ですが、三級が66.3%、二級が59.5%、一級が34.2%となっています。そんなに高い方とはいえませんので、少し本気を出して例えば受験参考書などで勉強するほうがいいかもしれません。
筆記試験の内容は、ビジネス実務を遂行するのに「必要とされる資質」と「企業実務」の理論、「対人関係」と「技能」の実技に分かれていて、理論と実技がそれぞれ60%以上の正解で合格です。一級の面接試験はロールプレイング形式で、審査員の前でスピーチを行います。人前で話すとあがってしまう人は何度も練習しましょう。練習するとずいぶん解消されるはずです。ぶっつけ本番が案外うまくいくという人もいますが、場慣れしていない人には逆効果だと思います。
ビジネス実務マナー検定を受験するには、特約受付書店や大学生協、財団法人実務技能検定協会のホームページなどで受験案内書・願書を入手して、受付書店か現金書留で申込期間内に申し込みます。ビジネス実務マナー検定だけでなく、ビジネス文書検定やビジネス電話検定、秘書検定、ビジネス能力検定など、他にもたくさんの資格がありますので、それぞれ情報を集めて、必要ならば合わせて取得しておくといいかもしれません。

目標を決めてステップアップしていくためには、検定を受検するというのはとても効果的な方法だといえるでしょう。しかし、ビジネスマナーというのはあくまで実践のためですから、自身のいるビジネスシーンやタイプに合うようにアレンジしてみることが大事だと思います。くれぐれも、資格取得だけが目標になった検定のためだけの勉強にならないようにしてください。
スポンサーサイト
[ 2009/09/24 23:23 ] ビジネスマナー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。