ビジネスマナー お茶を出すとき ビジネスマンのお勉強のためのブログ

ビジネスマンにとって、重要なステップアップにつながる課題を出来るだけ多岐に渡って、しかも一歩一歩考えていきたいと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > ビジネスマナー お茶を出すときホーム > ビジネスマナー > ビジネスマナー お茶を出すとき

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ビジネスマナー お茶を出すとき

スポンサードリンク
お茶の出し方やお酌の仕方など、最近はあまりうるさく言わなくなってきているのも事実です。それというのも、最近では飲み会なども所属部署をあげてというのが少なくなってきており、気の合うものたちだけで繰り出すことのほうが多いということもあるのでしょう。けれど、そのためにほんの些細なビジネスマナー、習慣や礼儀というものを習う機会も少なくなってきているように思います。身内なら大目に見てもらえることでも、お客さん相手では失礼にあたり、先方の気分を害してしまわないとも限りません。たかがお茶だしですが、ビジネスマナーにのっとって行うことによりお客様への印象がずいぶん違ってきます。この程度のことで印象が良くなるのなら、覚えておいたほうが得だと考えるのがいいのではないでしょうか。

ビジネスマナーの中でも、基本的にお茶出しはおもてなしの心とは何かを考えるのが大切になります。温かい緑茶を出すことが多いですが、来客の好みや気候などに合わせてコーヒーや冷たいお茶にすることも喜ばれる秘訣のひとつです。そのためには、来客の好みを覚えておくことはもちろん、来社されたときのお客様の様子をすばやく観察することも必要になってきます。
お茶は、お茶の種類に合わせた温度で淹れることが大切です。そして、冷めにくいように予め、湯のみなどの器にもお湯を入れて温めておきましょう。運び方としては、お盆に茶托と茶碗を別々に置き、こぼしたときのために、必ずふきんも用意します。両手で胸あたりの高さの位置にお盆を持ち、息がかからないように左右どちらかにずらして歩きましょう。お客様がいる部屋に入る時には、ドアが開いていてもノックして、「失礼します」と声をかけてから入室します。部屋に入ったら、軽く会釈。そしてサイドテーブルがあればサイドテーブルの上に、なければ、テーブルや机の下座の端にお盆を置き、茶托の上に茶碗をセットして、お客様の右側からお茶を出します。できれば普段から、どの部屋のどちらが上座でどちらが下座かをイメージしておきましょう。理屈で覚えていても、いざというときにわからなくなることが多いものです。
そして、右側から出せない時には無理をせず、左や前から出し、「左(前)から失礼します」と一声添えるといいでしょう。また、お客様の後ろから出すと、お客様にかけてしまう危険性があるので絶対にやめてください
。茶碗の柄が正面になるように注意して、上座に座っているお客様から出していきます。お客様に出し終わったら、次に自社の役職の高い人から順にお茶を出していきましょう。退出するときはドアの前でもう一度、一礼して退出します。途中で人数が増えてお茶の数が足りなくなったら、当然お客様から出していってください。それから自社の人の分を後で持ってくるといいでしょう。お茶を出す時には、「どうぞ」と一声添えますが、お話中の時は無言で、目礼だけにします。なるべく、さりげなくそっとお茶を出し、邪魔をしないですばやく去るのが理想です。

このようなビジネスマナーも一度身につけばどんなときでも自然にできるようになります。あとは、気遣いの心さえあれば多少礼儀が悪くても、大きな間違いにはならないでしょう。要は来客に喜んでいただこうというサービス精神が大切だといえるのかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2009/09/07 22:33 ] ビジネスマナー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。