ビジネスマナー 名刺交換のとき気をつけたいこと ビジネスマンのお勉強のためのブログ

ビジネスマンにとって、重要なステップアップにつながる課題を出来るだけ多岐に渡って、しかも一歩一歩考えていきたいと思っています。

ホーム > スポンサー広告 > ビジネスマナー 名刺交換のとき気をつけたいことホーム > ビジネスマナー > ビジネスマナー 名刺交換のとき気をつけたいこと

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ビジネスマナー 名刺交換のとき気をつけたいこと

スポンサードリンク
実際に相手に会う段になり、まず最初に試されるビジネスマナーは名刺交換でしょう。名刺交換をスムーズに行うには、ある程度場慣れが必要な面もありますが、基本を覚えておけばなにも気後れすることはありません。反対に最初の名刺交換のときに失礼はなかったかしらとか、こんなときどうすればいいのかなんて考えていると、本来の商談などがおろそかになる恐れがあります。頭で考えずスムーズに出来るよう体で覚えておくのが理想です。
さて、その名刺交換についての紹介ですが、名刺交換はビジネスマナーの基本といえます。そしてビジネスマンにとって、名刺は自分の分身だと考えてください。つまり、よれよれに折れた名刺や汚れた名刺を渡すのは、自分がだらしない人間だと自己紹介することになります。ということからいうと、渡された名刺も相手の分身だとして丁寧に扱うことが当たり前のビジネスマナーといえると思います。もし、その名刺が不要になった時がきたときには、個人情報が漏れてしまわないようにシュレッダーにかける等の配慮が必要でしょう。
名刺を忘れた、名刺が足りないなどで、相手に名刺を渡せないということになれば、相手にとても不快な思いをさせることになります。かばんには必ず予備の名刺を携帯して、不測の事態に備えておくといいでしょう。
名刺を出すのは必ず目下の側から、もしくは、お金をもらう側からというのが決まりですが、目上の人から名刺を出されてなかなか受け取らないのも失礼になります。その場合は相手の名刺を両手で受け取った後、すぐに自分の名刺を差し出して、「申し遅れました」と謝るのが一般的なビジネスマナーです。名刺は両手で差し出し、両手で受け取るのが基本ですが、同時に出した時には、自分の名刺を右手で差し出し、相手の名刺を左手で受け取って、相手が自分の名刺を受け取ってくれたら、右手を相手の名刺に添えて両手で持ちます。受け取った名刺はすぐにはしまうのではなく、机の上などに出した名刺入れの上において相手の顔と名前を確認しながら、要件を済ませるようにします。そのほうが、相手の名前と顔を覚えるのに役立ちますし、相手の立場を尊重することにもなります。そして相手がしまうタイミングで自分もしまうといいでしょう。
人に会う時には、もたもたせず名刺を素早く出せるように、どのポケットに名刺入れを入れているかを確認しておくこと。またできれば決まった場所に入れておくようにしたいものです。

最近、名刺自体に凝ることが流行ってたりします。普通より一回り大きい名刺を作って、渡した相手が名刺を保存する時に、他のものからわざとはみ出させて目立つようにしたり、匂いつきにしたり、写真つきは当たり前で、もっとデザインが凝ったものにしたり、いろいろです。ですが、基本はやはりビジネスマナーです。いくら凝った名刺を差し出されても、マナーがなってないと貰ったほうはその名刺に対してよけいに悪い印象を付けてしまうでしょう。逆にごく普通の名刺でも、きちっとしたビジネスマナーで受け取った名刺はよい印象とともに大事にしてくれるに違いありません。
スポンサーサイト
[ 2009/08/19 15:54 ] ビジネスマナー | TB(0) | CM(1)
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/08/04 10:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。