顧客管理 ビジネスマンのお勉強のためのブログ

ビジネスマンにとって、重要なステップアップにつながる課題を出来るだけ多岐に渡って、しかも一歩一歩考えていきたいと思っています。

ホーム > カテゴリー - 顧客管理

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

顧客管理をエクセルで

スポンサードリンク
顧客管理をどのようにするのかは、とても大事な問題です。せっかく一定の集客が実ったとしても、きめ細かい継続したアプローチが出来なくては、どんどん客は遠のいていってしまいます。
エクセルは表計算ソフトであり、確かにそれは間違いではないのですが、それだけで済ますにはもったいないくらいの機能を備えています。

顧客管理にエクセルを使いましょう。十分なくらいのデータベース機能を持っています。よほど、アクセスを自由自在に使いこなすスキルを持った人は別として、是非エクセルを顧客管理に使いたいものです。
つまりエクセルを使うと、割と簡単に、安上がりに顧客管理を行うことができるのです。パソコン初心者だし、どうやってエクセルで顧客管理したらいいかわからないという人は、エクセルで顧客管理するためのテンプレートやフリーウェアをダウンロードするといいでしょう。これが本当に無料なのかと思いたくなるような便利なテンプレートやフリーウェアがたくさんあります。
エクセルで顧客管理するなら、まずは、「エクセル工房のお役立ちソフト」というサイトをみてください。「Inage式顧客管理システム(顧客データ・履歴を総合管理)」や「顧客管理名簿(エクセルによる顧客管理)」と顧客管理ソフトだけで数種類ありますから、用途に合ったソフトをダウンロードして使うといいと思います。マイクロソフトのサイトのテンプレートのページで、顧客管理で検索しても使えそうなテンプレートがみつかるでしょう。
「Vector(ベクター)」というサイトや「窓の杜」というサイトでも、エクセルで顧客管理ができるフリーソフトをたくさんみつけられます。多少、パソコンに関する知識があれば、これらのフリーソフトやテンプレートに自分で手を加えて、より使い勝手をよくすることもできるはずです。顧客管理のためのデータベース機能、メール配信機能などを備えたフリーウェア「エクセルでEメール+」もとても役立つソフトです。

エクセルの良さは、使えば使うほど実践的なスキルが身につくことです。初心者にとっても、熟練者にとっても、それぞれのレベルで確実に上達していきます。
もちろん、顧客管理などというような、やりたいことがはっきりしていればなおさらです。思い描いていた顧客管理が、思ったように役に立つ形でエクセルで出来るようになったとき、顧客に対する積極性までもに影響してくることに気がつくかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2010/09/02 17:17 ] 顧客管理 | TB(0) | CM(0)

顧客管理をフリーソフトで

スポンサードリンク
顧客管理するに当たって自分であれやこれや考えたりするのが面倒だったり、また考えすぎて何を一番メインに持っていくのかがわからなくなったりする人は、とりあえずフリーソフトで試してみると良いでしょう。

顧客管理に使えるフリーソフトは、たくさん配布されています。上手に使えば、有料の顧客管理ソフトを使わなくても、充分に顧客管理ができるでしょう。国内最大級のソフトウェアダウンロードサイト「Vector(ベクター)」でも、顧客管理に役立つフリーソフトをダウンロードすることができます。
顧客管理ツールランキング1位のフリーソフトが、「Access Biz 顧客管理 EX」。Microsoft Accessで作られた顧客管理ソフトで、Access2000/2002/2003/2007で使用可能です。ものすごく多機能で、顧客管理はもちろん、葉書・封筒・ラベルの宛名、メール一括送信、顧客構成グラフ、売上集計表など、色々なことができてしまいます。顧客1件につき、4枚までの写真を表示できたり、パスワードを設定することもでき、本当にこれだけでほとんどのことはできるでしょう。
顧客管理ツールランキング2位は「Excel Form 営業日報 2.00」で、顧客管理ツールランキング3位は「顧客管理システム ワイドベース 2.1.7」です。手軽で自由に編集できるのが魅力のフリーソフトになります。操作も簡単ですし、エクセルでオリジナルの帳票を作成して、出力することも可能です。
顧客管理ツールランキング4位は「顧客管理ツール 1.1」で、顧客管理ツールランキング5位は「Excel名簿管理支援ツール 1.02」になっています。
他にも顧客管理に使えるフリーソフトがたくさんあります。とにかくピンとくるものを一回使ってみて、使い勝手がわるかったり、自分にとって操作性がいまいちだったりしたらすぐに次のものを試してみるほうがいいかもしれません。ビジネスマンにとって顧客管理はとても大切なことですから、いろいろ試してみて自分にとってベストなものを探すほうがいいと思います。
[ 2010/10/09 02:28 ] 顧客管理 | TB(0) | CM(0)

顧客管理とは

スポンサードリンク
顧客管理とは、お店や会社などが一度以上利用してくれたお客様の情報を整理して、アフターケアや新製品の売り込みなど、適切な営業努力を行うことです。また、顧客情報はお店や会社が所有しているとはいえ、その情報の管理は営業マンに任されていることも多いでしょう。というのも、顧客にきめ細かくケアーするには、顧客情報はより近くにいる営業マンが利用する場合が多く、その管理についても利用しやすいようにアレンジするほうがいい場合があるからです。
これらは、顧客関係管理やCRM(Customer Relationship Management)と呼ばれることもあります。そのお店や会社にとって、販売したものやサービスを一度以上利用してくれたお客様は、まだ一度も利用したことのない人よりも、再利用してくれる可能性が高いことが多いものです。ただし、それは、あくまでその販売したものやサービスがお客様に満足を与え、その上で上手に顧客管理できていればの話になります。
というのも上手に顧客管理しようとはするものの、上手くいかずに顧客を逃がしてしまっているケースが少なくありません。
例えば、インターネットの通販ショップで誕生日ケーキを購入したとします。購入した時点で、通販ショップ側は、顧客の住所、電話番号、メールアドレス、購入商品(好み)がわかるはずです。買った商品が誕生日ケーキですから、来年の同じ時期に再び誕生日ケーキを購入するニーズがあるのは明白です。通販ショップ側にできる顧客管理としては、この顧客の情報をストック及び整理し、(セールスメールを送っていいという了承があれば)時々、オススメ商品やショップの近況などを書いたセールスメールを送る、時期がきたら誕生日ケーキのセールスメールを送るなどがあげられます。
より顧客管理の精度をあげるのであれば、セールスメールのリンク先にどのくらいアクセスしてくれたか、最後に商品を買ってくれたのはいつかなどの情報も付け加えるといいかもしれません。インターネットの通販ショップは、購入後の感想を書き込めることがほとんどですから、評価がよかった顧客のみにセールスレターを送り、評価の悪かった顧客にはお詫びメールを送るという顧客管理もできるはずです。メールの場合は送料がかかりませんが、セールス葉書やDMチラシなどコストのかかる販促物を送る際には、反応率を確かめ顧客管理に生かします。また、一定期間反応のなかった顧客には送らないなどの見極めも大切になってきます。
このように通販などでの顧客管理は、ルールを決めれば比較的すべて事務的に淡々とこなすことが出来ます。ところが、訪問型の営業を核とするビジネスの場合なかなか事務的に顧客管理を生かすことが出来ないのが現状です。それは大げさでなく一日一日と変わる顧客の環境の変化を常に吸収していなければいけないからです。つまり、顧客管理の原本もしくはレプリカを常に身近に所持し、更新していかなければいけません。
もちろん、そのようなことをあまり意に介さず“誕生日には花束を”みたいにイベントや決め事を淡々とこなすことでも顧客管理の成果を充分生かすことにはなるでしょう。
けれども、顧客からの大きな信頼を得、ひとつ抜けた顧客関係を築くにはいろいろな工夫が生きてくることになりますし、またビジネス、商売の醍醐味に近づくことにもなるでしょう。
[ 2010/11/10 12:05 ] 顧客管理 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。